[6刷]改訂 小さな会社の給与計算と社会保険事務がわかる本

[6刷]改訂 小さな会社の給与計算と社会保険事務がわかる本

改訂 最新 小さな会社の 給与計算と社会保険事務がわかる本」6刷になりました!
ありがとうございます。
難しいことは置いといて、まずは基本のキの字からわかるような本を、まっすぐに編みました。

5年愛される本・福田清峰・給与計算と社会保険事務がわかる本

著者:井上修 山口智絵
初版:2013年1月31日
6刷:2017年5月10日
2017年4月1日現在の法令等に基づいています。

【井上修さん】

井上修さんとの出会いはこちら↓をご覧ください。
[新刊]給与計算と社会保険事務がわかる本
[新刊]改訂 小さな会社の給与計算と社会保険事務がわかる本

【山口智絵さん】

山口智絵さんとの出会いはこちら↓をご覧ください。
[新刊]改訂 小さな会社の給与計算と社会保険事務がわかる本

【こんなところにこだわっています】

—–
今回は法改正や書式の改正を反映して、さらに細かい数字の見直しなど57頁の修正が入りました。
—–

5年愛される本・福田清峰・給与計算と社会保険事務がわかる本

細かい数値の見直しをトコトンしています。

5年愛される本・福田清峰・給与計算と社会保険事務がわかる本

必要な最新情報、ちょっとしたコラム記事もできるかぎり追加しています。

5年愛される本・福田清峰・給与計算と社会保険事務がわかる本

必要書類はすべて最新のものに差し替えています。

【内容紹介】

最新の税法、労働関連法規の改正に対応!!

給与計算と社会保険事務をマスターして、1人でこなせるようになるためには、とにかく、「給与明細書」を読みこなせるようになることです。
給与明細書を読み解きながら、給与計算に関する労務の基礎知識を学び、そして、計算のしかたを覚えましょう。
そして、社会保険や税金の控除、納付ができるようになれば、賞与も同じこと。
あとは、年末調整をがんばってやってみましょう。

日々の業務から、年に1回の業務まで、しっかり、もう迷わないでできるようになります。
たとえ上司や先輩がいなくても、業務を円滑に進めるためには、自分で仕事を覚えていかなくてはなりません。
もしかしたら、総務・経理の仕事をひとりで担当するなんていう人もいます。
そんなとき一番困るのが、必要書類がわからない、書類の書き方がわからないといったことです。

本書は、必要な書類とその書類の書き方の注意点のサンプルをできるかぎり掲載しています。
何かの手続きのときに、必要な書類は?そして書き方までもがひと目でわかります。
総務・経理のしごとに携わるすべての人に読んで、参考にしていただきたい本です。