[新刊]経済の教科書1年生

[新刊]経済の教科書1年生

世界一やさしい 経済の教科書1年生」新刊できました!
ありがとうございます。
経済のことよくわからないまま社会人になってしまった人、そういった私を含めた何となく経済をわかった気になっている人たちのために、本当に役立つ、本当にわかる経済の本を編みました。

世界一やさしい 経済の教科書1年生

世界一やさしい 経済の教科書1年生

新品価格
¥1,598から
【Amazon】
(2018/10/5 10:22時点)


著者:小宮一慶
初版:2016年12月31日

【小宮一慶さん】

実は、尊敬して止まない経営コンサルタント小宮さん、ソーテック社の著者である村田栄樹さんの師匠でもあります。
村田栄樹さんと「【5刷できました】ダンゼン得する 知りたいことが パッとわかる経費になる領収書 ならない領収書がよくわかる本:この領収書が落ちるのか、経理を通るのか、心配じゃありませんか?」を編んだとき、書籍の宣伝用のコメントをいただき、そのお礼にご挨拶でお伺いしたのが最初でした。
さらに、村田栄樹さんの初出版記念パーティーでは、目の覚めるような講演をしていただきました。

小宮一慶さん(左)・福田清峰(右)

小宮一慶さん(左)・福田清峰(右)

【こんなところにこだわっています】

経済の話は日々のニュースで見聞きしていると思います。
なんとなくは理解できていますよね。
でも、よく考えてみてください。
GDPとか金利が上がったらどうなるとか、円安になるとどうなるのかとか、
本当に理解できていますか?

17-10-19-16-06-31-113_photo

景気がいいとか悪いとかって、何を基準にしているのでしょうか?

17-10-19-16-04-11-356_photo

経済は、データを積み重ねていくと、未来が見えてくるんです。
経済を読む! これは必携のテクニックです。

17-10-19-16-03-46-991_photo

海外旅行に行って、ランチをすると高く感じませんか?
日本なら500円や1,000円で美味しいランチが食べられますが、
海外に行くともう少し高くなってしまいます。
これは観光地価格だからじゃないんです。

17-10-19-16-04-59-600_photo

デフレ、インフレ、何がどうなって、いいのか悪いのか? ちゃんと覚えておいてください。

17-10-19-16-05-18-035_photo

あわせて、ハイパーインフレについて考えてみましょう。

17-10-19-16-06-03-917_photo

小宮一慶さんの解説は、本当にありとあらゆる疑問を解消してくれます。

【内容紹介】

経済についてなんとなくわかった気になっている多くの社会人のために、本当にやさしく経済の話を書いてみました!
経済のことがわかると何が変わるのでしょうか?日々の生活が楽しくなります。
経済の仕組みがわかると、政治のカラクリが、世の中の流れが見えてきます。
そして、投資で確実に稼げるようになっていきます。何よりも、ビジネスで失敗しなくなります。
サラリーマンの人はアイデアがどんどんわいてくるようになります!

【目次】

[0時限目]そもそも「経済」って何?
[1時限目]安い? 高い?「値段」はどう決まるの?
[2時限目]なぜ「給料」はなかなか上がらないの?
[3時限目]そもそも「景気」って何?
[4時限目]円安? 円高?「為替」はなぜこんなに動くの?
[5時限目]インフレ? デフレ?「物価」を決めるのは誰?
[6時限目]どんどん上がる! 「税金」は何のために払うの?
[7時限目]「世界経済」を引っ張るのは米国? 中国?
[集中講義]企業力の見極め方

 

世界一やさしい 経済の教科書1年生

新品価格
¥1,598から
【Rakuten】
(2018/10/5 10:22時点)