[5周年+9刷]会社設立のしかたがわかる本

[5周年+9刷]会社設立のしかたがわかる本

ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 会社設立のしかたがわかる本」9刷になりました!
そして、この本も無事に「5年愛される本」仲間入りを果たしました。
実際には発行から5年9カ月経っていますが、前回の8刷が4年8カ月だったので、今回やっと5年の壁をクリアしたことになります。
ありがとうございます。
会社をつくろうと思ったら、自分でやってみるのもよし、専門家にお願いするもよし、本当にこの1冊でつくれるような本をつくりたくて編みました。

新品価格
¥1,598から
(Amazon:2018/5/19 00:56時点)

著者:鎌田幸子、北川真貴、山口絵理子、今井多恵子
初版:2012年9月30日
9刷:2018年6月15日

【鎌田幸子さん・北川真貴さん・山口絵理子さん・今井多恵子さん

司法書士の鎌田幸子さん、税理士の北川真貴さん、特定社会保険労務士の山口絵理子さん、弁護士の今井多恵子さんとの出会いはこちら↓をご覧ください。
【8刷できました】ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 会社設立のしかたがわかる本:1番詳しくて1番わかりやすい会社設立の本できました!

【こんなところにこだわっています】

—–
今回は法律改正に対応したり、細かい修正を加えたり、34頁の修正が入りました。
—–

【内容紹介】

会社をつくろう! と思ったら、まずこの本を読んでください。
自分で手続きしたい人も、専門家に依頼しようと考えている人にもお勧めです。

知っておきたいポイントが満載です!

●会社設立までのタイムスケジュール
●会社設立にかかる費用
●会社の名称(商号)の決め方
●誰がお金を出すのか
●資本金はいくらにしたらいい?
●会社の本店はどこに置いたらいい?
●事務所の賃貸借契約の注意点は?
●印鑑のつくり方
●事業目的の決め方
●決算期と公告のしかた
●株式の譲渡制限に関すること
●あなたがやりたいことには許認可は必要?
●助成金がもらえるかも
●定款のつくり方
●電子定款の認証
●登記のしかた
●銀行口座開設のしかた
●日本政策金融公庫の融資の受け方
●自治体の制度融資の受け方
●創業計画書の書き方
●諸官庁への届け出
…etc

そして、個人事業から法人成りしたときの手続きについても詳しく解説しています。

【目次】

第1章 会社設立のポイントを知っておこう

1-1 会社設立のための基礎知識
1-2 タイムテーブルで見る会社設立までの流れ

第2章 1つひとつ順を追って決めていこう

2-1 株式会社をつくるにはいくらかかる?
2-2 会社の概要を決めよう
2-3 階社の名称(商号)を決めよう
2-4 お金を出す人と運営をする人を決めよう
2-5 資本金の決め方・資金の調達のしかた
2-6 会社の本店の所在場所を決めよう
2-7 印鑑の手配
2-8 事業目的を決めよう
2-9 決算期と公告のしかたを決めよう
2-10 そのほか決めておくとよいこと
2-11 そのほか確認しておくとよいこと

第3章 定款を作成しよう

3-1 定款は会社のルール
3-2 実際に定款を書いてみよう
3-3 公証役場の認証を受けよう

第4章 登記をしよう

4-1 登記って何?
4-2 資本金の払い込みをしよう
4-3 登記に必要な書類
4-4 登記の申請
4-5 登記完了後に取得する書類

第5章 銀行口座開設と諸官庁への届け出

5-1 銀行口座を開設する
5-2 会社設立後にしなくてはいけない届け出
5-3 資金の調達

第6章 個人事業者が法人成りしたらすること

6-1 法人成りをするとき・したあとにすること
6-2 法人成りをするとき
6-3 法人なりしたあと

新品価格
¥1,598から
(Rakuten:2018/5/19 00:56時点)